【一度は訪れておきたい】聖地巡礼:瀬長島

聖地 瀬長島

航空ファンなら一度は訪れたい沖縄の瀬長島。那覇空港から最も近い離島とも言われています。
f:id:conofelice:20170120174747p:plain
f:id:conofelice:20160623224428p:plain

地図で見て分かる通り、この島は滑走路の延長線上にあります。だから飛行機がすごい迫力で見られるんです。

せっかくなので、写真も撮りたいのですが、私の愛用のカメラはコンデジのSONY RX100 M3です。焦点距離が最大70mmなので、迫力ある写真は撮れません。
f:id:conofelice:20160623230450p:plain
でも私のビデオカメラはSONY CX720Vなので、最大260mmで光学式手ぶれ補正があります。これだとけっこうイケるんじゃないかと今回の旅に持参しました。
f:id:conofelice:20160623230453p:plain
JAL903便で那覇空港に10:30着、ANA1862便で15:35発なのでおよそ5時間の滞在です。オリックスレンタカーで自動車を借りたのですが、事務所が那覇空港からシャトルバスで10分かかり手続きなどもあるので、実際に使える時間は3時間程度でした。

瀬長島は周囲1.8kmの小さな島。歩いても30分で一周できます。(マニアックではない)飛行機の撮影&鑑賞とウミカジテラス、瀬長島ホテルへの訪問であれば、シャトルバスかタクシーでいいと思いました。
f:id:conofelice:20160624072223p:plain

航空写真のメッカ 瀬長島海中道路

まずは、瀬長島海中道路に向かいます。ここはGoogle Mapでも「瀬長島 撮影ポイント」として登録されている聖地です。海に向かって誘導灯が突き出ています。
f:id:conofelice:20160624073834p:plain

ここで、ビデオ撮影をしてみましたが、意外に…難しい…

June 9, 2016 Senagajima Island Okinawa

だんだん慣れてきました。
https://youtu.be/iUYLwSQkbus


June 9, 2016 Senagajima Island Okinawa

すごい迫力です。かっこいい!
https://youtu.be/7QIxQQQu2a4


June 9, 2016 Senagajima Island Okinawa

琉球温泉瀬長島ホテル

琉球温泉瀬長島ホテルに移動します。
f:id:conofelice:20160624175950p:plain

ここは日帰り温泉「龍神の湯」があり、平日は1,330円で入浴できます。
f:id:conofelice:20160624180922p:plain

お風呂から青い海が見えます。美しい。
f:id:conofelice:20160624181027p:plain

お風呂から眺める飛行機は格別です。画面はハメコミ合成です(笑)。
f:id:conofelice:20160624181802p:plain

瀬長島ホテル近くの撮影スポット

さっぱりして疲れが取れた後に、撮影のために移動します。
f:id:conofelice:20160624080349p:plain


June 9, 2016 Senagajima Island Okinawa

この撮影場所では、飛行機が急に現れるので見る分にはとても楽しいのですが、撮影にはタイミングを外しがちでちょっと苦労します。


June 9, 2016 Senagajima Island Okinawa

ウミカジテラスでもゆっくりと食事がしたかったのですが時間がなくてさっと通り過ぎました。

この瀬長島から夕刻に見る飛行機は格別なんだそうです。次回はゆっくりと宿泊をして、夕焼けに染まる飛行機堪能したいですね。

航空ビデオというジャンル

航空写真はジャンルとして確立されていますが、航空ビデオはYouTubeでもあまり見かけません。特殊塗装機の飛来などの特別なイベントのビデオはありますが、航空機を被写体としたビデオは写真ほど見かけません。あっても事故動画が圧倒的に多い。(-_-;)
なぜなんでしょうか?動画のほうが何倍も情報量があって楽しいと思うんですが。

航空写真家ならぬ航空動画家としてデビューしようかしら。←ムリムリ(^^;

アクセス

瀬長島ホテルとウミカジテラスを訪れるのが目的でしたら、シャトルバスかタクシーがオススメです。
・シャトルバス
往き
ゆいレール赤嶺駅→瀬長島ホテル前
パレットくもじ→瀬長島ホテル前

帰り
瀬長島ホテル前→ゆいレール赤嶺駅(経由)那覇空港
瀬長島ホテル前→ゆいレール赤嶺駅(経由)パレットくもじ

同じバスなんですけど、念の為に両方のリンクを貼っておきます。
瀬長島ホテルへのアクセス
ウミカジテラスへのアクセス

レンタカーを使った理由

レンタカーを利用したのは、ちょっとマニアックな撮影ポイントを訪れてみようと思ったからでした。「この先進入禁止」のポイントにいってみたり、瀬長島をウロウロしました。

ご承知の通り、飛行機は風に向かって離着陸するので、ある撮影ポイントからは(風向きが変わらないと)ずーっと着陸なんです。着陸のビデオ撮影は結構難しくて離陸のほうがやさしそうに思えたので、空港を挟んで瀬長島の反対側に行けば離陸の飛行機が撮れると思いました。

それで、レンタカーでウロウロしたんですが、自衛隊基地に入りそうになったり、空港の貨物ターミナル(?)に入りそうになったりと、(怒られそうで)怖い思いをして結局、諦めました。

那覇空港の北側には(少なくとも航空写真初心者向きの)撮影ポイントはなさそうですね。(未確認&未体験)
結局、那覇空港の展望デッキがいいんじゃないかと思いながら、ANAのラウンジででヘタってました(苦笑)。

2 件のコメント

  • 日帰り湯がどっかにできたらしいと聞いていましたがそこですか〜〜。レンタカーの手続きで時間取られることを考えるとタクシーで行きたい距離ですね

  • sendaimileさん、コメントをありがとうございます。
     そうなんですよ〜、瀬長島ホテルは那覇空港からタクシーで15分〜20分程度で行けます。ホテルからウミカジテラスは歩いて5分もかからないので、次回はタクシーかシャトルバスにします。
     
     ご指摘をありがとうございます。追記してシャトルバスのリンクを貼ります。

  • コメントを残す