光と水の神秘的なショーのリバーズ・オブ・ライト!ウォルト・ディズニー・ワールド

リバーズ・オブ・ライト

リバーズ・オブ・ライトは2017年2月17日にスタートした、アニマルキングダムでは初となるナイトショーです。動物たちを驚かせないように、花火の演出はありません。その分ちょっと地味なショーですが、ウォータースクリーンに投影する動物たちの姿がリアルで、ステキな15分間のショーになっています。

上演場所と時間

ショーは、ディカバリー・リバー・アンフィニシアターと呼ばれる野外の劇場で上演されます。ディスカバリー・アイランドとアジアとディノランドUSAに囲まれた湖(ディスカバリー・ラグーン)が舞台です。

座席は全部で5,000席です。(WDWのナイトショートしては、最少座席数です。)座席には3つの種類があります。ダイニングパッケージは、レストランの食事と優先入場券がセットになったものです。2019年4月現在では、タスカーハウス・レストランとティフィン・レストランの2箇所のレストランが対象です。

マラカスパレードのドナルド

ドナルドたちがいるサバンナの市場はタスカーハウス・レストラン!ウォルト・ディズニー・ワールド

2019-05-05
座席マップ

私は、ダイニングパッケージを利用しました。タスカーハウス・レストランはアニマルキングダムで唯一のキャラクターダイニングのレストランなので、利用したかったこともあります。「じゃあ、ついでにダイニングパッケージにしちゃえ!」って感じです。

ダイニングパッケージのチケット

これで、並ばずにすみますね。チケットには「ファインディング・ニモ‐ザ・ミュージカルの向かいのエントランスに15〜35分前にお越しください」と書かれています。

ショーの概要

余談ですが、雨でカメラが故障するのを恐れた私は、娘の防水カメラ・オリンパスTG-5を借りてきていました。ところが撮影方法がよくわからない。。。ちゃんと聞いとけばよかった。シャッタースピードの変え方がわからなくてブレブレばかり。。。ということでiPhoneで撮りました。

開始15分前には、ツリー・オブ・ライフやディスカバリー・ラグーンの周りの木々がショーの始まりを祝うかのように発光し始めます。

リバーズ・オブ・ライト

宇宙に輝くまばゆいばかりの惑星のなかで、ここ、地球だけが水と光の調和によって生命の不思議を生み出しています。ずっと続く水と光の祝祭にあなたを歓迎します。自然の力が調和し、動物たちが自由に踊り夜空にリバーズ・オブ・ライトを作り出します。私たちはこの特別な場所でひとつになり、生きとし生けるものの壮大さと不思議さを祝います。私たちはみんなひとつなのです。

そんな意味のナレーションとともにショーが始まります。蓮の花のフロートとヨットが登場します。ヨットにはエスニックな衣装をまとった人が乗っています。

リバーズ・オブ・ライト

動物をかたどったフロートもやってきます。ウミガメ、フクロウ、ゾウ、トラです。

リバーズ・オブ・ライト リバーズ・オブ・ライト

5つの蓮がダンスをするかのように、水を高く舞い上げます。

リバーズ・オブ・ライト

ウォータースクリーンに動物たちが映し出されます。

リバーズ・オブ・ライト

中央の蓮の中心が伸びていき、タワーのようになります。そこには多くの灯火がともされ、まわりの蓮たちも水を舞い上げて祝います。

リバーズ・オブ・ライト

iPhoneで撮った動画を短くまとめました。

この日は若干の雨模様ということもあり、あまり混雑していませんでした。試しに(5日後の)5月11日(土)のファストパスの状況を見ましたが、アバターとナヴィリバーはもちろん、キリマンジャロ・サファリも売り切れている中で、リバーズ・オブ・ライトは2回分とも予約できます。そんな状況です。

リニューアル予定

リバーズ・オブ・ライトは2019年5月24日に「Rivers of Light: We Are One」としてリニューアルされる予定です。現在のショーはキャラクターは出てこないのですが、ライオンキングが登場すると予想されています。

リニューアル後のリバーズ・オブ・ライト
(画像は公式ブログから)

まとめ

  • リバーズ・オブ・ライトはアニマルキングダムとしてはじめてのナイトタイムショー
  • 上演時間は15分間
  • 座席は、ファストパス、ダイニングパッケージ、スタンバイの3種類
  • 2019年5月24日にリニューアル予定

こちらもどうぞ!

ウォルト・ディズニー・ワールド2019年3月の旅:9泊10日+3泊12日間のまとめです(随時更新)

2019-09-16

コメントを残す