カラフルなナイトパレード、ペイント・ザ・ナイト!オススメの鑑賞場所も!香港ディズニーランド

ペイント・ザ・ナイトは香港からスタート

ディズニーの技術者集団イマジニアリングが誇る最高にカラフルなナイトパレード、ペイント・ザ・ナイトは、ここ、香港ディズニーランドとカリフォルニア・ディズニーランドで行われています。香港での初演が2014年の9月、カリフォルニアは2015年5月に公開されました。

使用されているのはアウル・シティー(Owl City)の「ホエン・キャン・アイ・シー・ユー・アゲイン?」(When Can I See You Again?)です。映画「シュガー・ラッシュ」で使われていた曲です。ただし、香港では広東語バージョン。

また、エレクトリカルパレードのテーマ曲「バロック・ホウダウン」も使われています。

エレクトリカルパレードの曲
エレクトリカルパレードのテーマ曲が、ペリー&キングスレイというユニットによって1967年に作曲された「バロック・ホウダウン」という曲だということを最近になって知りました。ディズニーが依頼して作曲したんじゃないんですね。最近ではトヨタ自動車のCMで使われていますよね。そのCMを見たときに「へぇ〜、トヨタがディズニーの曲を使ってるんだ」と思ってました。

パレードの構成

電飾は全てLEDで、74万個が使用されています。さぁ、「ホエン・キャン・アイ・シー・ユー・アゲイン?」を聴きながらパレードの始まりです!

ティンカーベル&フレンズ(Tinker Bell and Friends)

最初は蝶の羽根をまとったダンサー。

朝顔の花の上にティンカーベルが舞います。

モンスターズ・インク・パーティ・ダンス(Monsters, Inc. Dance Party)

サリーがドアをいっぱい積んだフロートに乗って登場です。

ドアにはモンスターも描かれます。

後ろにはマイクが座ってます。

カーズ・エレクトリック・ロードウェイ・ジャム(Cars Electric Roadway Jam)

先頭はマックイーンです。

頭はタイヤなんでしょうか?胸にはカーズのエンブレムかな?

マックの側面は、たくさんのLEDで色とりどりに光ります。

マックの後部にはDJが乗っています。

リトル・マーメイド・エレクトリック・ウォーターカラー(The Little Mermaid Electric Watercolours)

海藻(?)のコスチュームとサンゴのダンサーが先頭です。

さすが、トリトンは大きいですね。右手にはセバスチャンが乗っています。前にはアリエル。

トリトンはウィンクしてますね!

フランダーもいます。

ベルのキャンドルライト・ドリーム(Belle’s Candlelight Dreams)

仮面を着けた紳士淑女がキャンドルの帽子をまとって優雅に円舞を舞います。

キャンドルに囲まれたベルの登場です。バックには一輪の薔薇。

バラの葉のスクリーンに野獣とベルのキスシーンが映し出されます。

キャンドルと白鳥の羽をまとったダンサーが後に続きます。

トイ・ストーリー・エレクトリック・ロデオ(Toy Story Electric Rodeo)

ウェスタンスタイルのダンサーたちがやってきます。

フロートには大きなスリンキー!

スリンキーの方にはウッディが乗っています。

後ろにはバズが。

ルクソーボールもやってきます。

ミッキー&フレンズ・ライタスティック・フィナーレ(Mickey & Friends Lightastic Finale)

まずは、スティックを持ったダンサー。ポーズが決まってます!

グーフィー、ドナルド、ミニーがそれぞれスティックを持ってやってきます。

これ、顔の照明が下からになるのでちょっとおどろおどろしい写真になってしまいます。実際に見ているときにはあまり感じないんですが。

昔、やりませんでした?懐中電灯を顔の下から照らして怖い顔にすることを。ちょっとそんな感じですね。

ミッキーは、螺旋になった電飾が回転するフロートに乗っています。複雑に絡み合う光のラインがとても綺麗です。

帰り

サーフボードに乗ったミッキー&フレンズの噴水もライトアップされています。

ペイント・ザ・ナイトで、香港ディズニーランドは終わりです。ホテルへと帰る時間です。

アクシデント

ペイント・ザ・ナイトはデリケートなパレードなのでしょうか、アクシデントに遭遇しました。

スリンキーの片目が点かない。

あれ?スリンキーが海賊になっている。アイパッチ使用のスリンキーかと思いました。でも、LEDが点灯しなかっただけでした。

ミッキーの電飾が点かない。

これは、派手なことに、螺旋状のLEDの全てが点いていません。真っ暗になったフロートです。

でも、前に立っているミッキーは懸命にダンスをしていました。その姿はとても健気で、ウルッと来ました。頑張れ!ミッキー!

こんなアクシデントがあっても、中止をせずにパレードを行ってくれるのは嬉しいです。

オススメの鑑賞場所

これは昼間のパレード「フライト・オブ・ファンタジー」でも同じことが言えるのですが、香港の人たちはお城側のメインストリートUSAが好きです。お城側から詰まっていきます。ここで見ようとすると1時間以上前から並ぶ覚悟がいります。シティーホール前は比較的空いていて、ここだと30分前でも十分で、アート・オブ・アニメーション前はパレードが始まってからでも大丈夫でした。(春節などの超混雑期を除く)

まとめ

  • ペイント・ザ・ナイトは香港ディズニーランドのマストシーのナイトパレードです。
  • アート・オブ・アニメーション前は空いているのでお勧めです。

 

こちらもどうぞ!

香港ディズニーランドを格安に120%楽しむ方法のまとめ!(随時更新)

2018.07.11

コメントを残す