フライト・オブ・ファンタジーはここで見よう!香港ディズニーランド

香港ディズニーランドの大人気パレード!フライト・オブ・ファンタジー

フライト・オブ・ファンタジー・パレードは、香港ディズニーランドの昼のパレードです。フロートは全部で8つ。キャラクターとの距離も近くて親密さがとっても楽しめる大人気のパレードです。

フライト・オブ・ファンタジーは、7つのパートに分かれています。

ミッキーのマジカル・エアーシップ(Mickey’s Magical Airship)

ダンボとその頭に乗ったティモシーがパレードの先頭です。「ドリーム・テイク・フライト」(Dreams Take Flight)。

ダンボはオーディオアニマトロニクス(ディズニーの機械仕掛け)で耳が羽ばたいたり瞬きしたりします。

マーチングバンドが続きます。

次はとってもゴージャスなミッキー&フレンズのフロート、「フライト・オブ・フレンドシップ」(Flights of Friendship)です。

気球に取り付けられたボートに乗るのはミッキーです。それを支えるレインボーカラーの波とコンパスがあしらわれたフロートに6人が乗っています。進行方向の左側はミニー、プルートとチップ。右側にはグーフィー、ドナルド、デールがいます。ビッグ7の飛行船ですね。

コートアップ・デイドリーム(Caught Up in Daydreams、プーさん)

ティガーのコスチュームのダンサーが来ます。

気球のフロートに乗っているのはくまのプーさんです。はちみつの壺の気球なのでごきげんですね。

ティガーとイーヨーが歩きます。

その後ろには風船の上に乗ったプーさんとズオーとヒイタチがあしらわれたフロート、ハチがぶら下がっていて上下します。

かなり賑やかなフロートです。停止時にハチは空中に舞い上がります。

ロマンス・テイク・ウィング(Romance Takes Wing、プリンセス)

白鳥の飛行船に乗ったプリンセスたち、進行方向に向かって左側は白雪姫、シンデレラです。右側はオーロラとベル。

ジャンピン・ジャングル・ジャム(Jumpin’ Jungle Jam、ジャングル・ブック、ライオン・キング)

これは2つの連結したフロートからなっています。前は、ジャングル・ブックのクマのバルーとオランウータンのキング・ルーイ乗っています。

後ろは、ヒヒのラフィキとミーアキャットのティモンです。椰子の葉の上にあしらわれているシンバは、停止時には空中に高く上がります。

マジック・オブ・ピクシー・ダスト(The Magic of Pixie Dust、ティンカーベル)

てんとう虫のカートに乗った妖精に続いて、綿帽子と木の実でできた気球に乗ったティンカーベルが現れます。

ハンギンテン・ライディンハイ(Hangin’ Ten and Ridin’ High、リロ&スティッチ)

スティッチがサーフィンをしている下には、木で編んだブランコにダンサーが乗っています。進行方向に向かって左側にはリロが、右側にはスティッチがいます。

トゥ・インフィニティ・アンド・ビヨンド(To infinity and Beyond、トイ・ストーリー)

バズライトイヤーの格好をしたダンサーたちに続いて、

ウッディとジェシーがやってきます。

前のフロートにはバズライトイヤーが、後ろのフロートにはリトルグリーンメンが乗っています。

停止時には、リトルグリーンメンは空高く登っていきパラシュートで降下してきます。

ミッキー&フレンズファンはここで見よう!

東京より比較的空いている香港ディズニーランドでも、このパレードをメインストリートUSAの人気エリアで見ようと思うと1時間前から並んだほうがいいと思います。

特に混雑するエリアは以下のとおりです。眠れる森の美女城前から埋まっていくことが多いです。なぜか香港の人たちはメインストリートUSAのお城前近くが好きです。

現在は眠れる森の美女城が改修中のため、このパレードは停止が1回になっています。停止は約5分間です。では、停止位置を見てみましょう。

もちろんお目当てのキャラクターの場所で待つのもいいのですが、ディズニーランド鉄道のメインストリート・ステーション前のロータリーは比較的空いています。特にステーション前の、ミッキーファンには絶好のポジションは空いています。開始前5分でも数人しかいません。

グーフィー、ドナルド、デールを観たいのであれば、ステーション側で待ちましょう。

ミニー、プルートとチップが見たいのであればガゼボ(あずまや)側で待ちましょう

この写真ではロープの奥に並んでいる人が見えますが、これはミッキーとミニーのペアグリーティング待ちの人たちです。パレードを待っているのは縁石の近くの人。

メインストリート・ステーション前のポジションから

停止のときに子どもたちがストリートに招き入れられ、音楽に合わせてダンスをします。

ミッキーの乗ったボートが空高く上がっていきます。

パレード鑑賞のルール

香港ディズニーランドで楽しむコツとして、「鑑賞のルールは厳格ではない」ということを心の隅に置いていくことです。東京ディズニーのように「前から何列目まではお尻を着けて座ってみる」「カメラは頭を超えない」というものはありません。

以前は、このパレードはメインストリートUSAの混雑しているエリアも立ち見でしたが、2018年6月では最前列は座るようにキャストが促していました。また、2列目以降での子供の肩車もフツーです。

状況に応じて柔軟に考えて判断したり、キャストに聞くことが大切だと思います。また、ゲスト同士で話し合うのも大切だと思います。

まとめ

ディズニーランド鉄道のメインストリート・ステーション前のロータリーは比較的空いています。平日であればパレード開始時刻になってからでも一列目で楽しむことができます。しかもミッキー&フレンズのビッグ7のフロートが停止します。

プリンセスファンは、アード・オブ・アニメーション前へどうぞ!

こちらもどうぞ!

香港ディズニーランドを格安に120%楽しむ方法のまとめ!(随時更新)

2018.07.11

コメントを残す