航空会社のラウンジにお弁当を持ち込んでもいいの?ANAとJALに聞いてみました

航空会社のラウンジ

航空会社のラウンジは、(カード会社のラウンジを比較して)保安検査場の後にあることや、アルコール飲料も無料で提供されていることで、利便性を感じていらっしゃる人も多いと思います。


(成田空港 ANA スイートラウンジ)


(羽田空港ANAラウンジ)

国内線ラウンジと国際線ラウンジ

搭乗までの時間を過ごすには快適なラウンジですが、国際線のラウンジと国内線のラウンジでは、食事の提供が大きく異なっています。

国際線ラウンジ

国際線ラウンジでは、普通のラウンジ(ANAラウンジ、サクララウンジ)でもブッフェ形式でいろんな食事が提供され、ヌードルバーも設置されていたりします。上級ラウンジだと、注文に応じた料理の提供もあります。


(羽田空港ANAラウンジ)

国内線ラウンジ

国内線では、最上級のラウンジでもせいぜい以下のとおりです。

ANAスイートラウンジ:おにぎり、いなり寿司、スープ類、クリスピードーナツなど
JALダイヤモンド・プレミアラウンジ:カレーパン、おにぎり、メゾンカイザーのパン、スープ類など


(左:ANAのクリスピードーナツ。右:JALのカレーパン)

普通のラウンジ(ANAラウンジ、JALサクララウンジ)では、「あられ」くらいしかありません。


(JALの「おつまみ」)

ラウンジにお弁当やパンを持ち込んでいいの?

国内線のラウンジでは、お腹を満たせる食べ物がないんですよね。それで、お弁当やパンを買って国内線ラウンジで食べてもいいものかどうか、問い合わせてみました。

回答は次のとおりです。

ANA

弊社国内線ラウンジにおきましては、飲食物のお持ち込みの制限は特にいたしておりません。

JAL

2019年1月からラウンジ利用規則が変わりました。

サクララウンジにお持ち込みになられた飲食物は各サクララウンジの「ダイニングスペース」(飲食可能エリア)にてお召し上がりください。
ダイヤモンド・プレミアラウンジではすべてのエリアにてお持ち込みになられた飲食物をお召し上がりいただけます。

ちなみに、2018年まではJALのラウンジへのお弁当の持ち込みはダメでした。JALに問い合わせたことがあります。そのときは「ラウンジへは、飲食物を持ち込むことはご遠慮いただいております。」との返事でした。

ということで、お弁当やパンの持ち込みは、ANAもJAL(2019年1月以降)も問題なしですね。

パワーラウンジ(Power Lounge)

羽田空港のパワーラウンジは、航空会社のラウンジではなくカード会社のラウンジですが、とても居心地の良いラウンジです。

こちらは、匂いの強いものでなければ持ち込みは大丈夫です。

ラウンジ利用の規則など

問い合わせの回答に、参照ページも併せて案内がありました。

ANAは、利用基準が書かれてあるだけで、特に制限については見当たりません。

JALは利用規則が書かれていました。

主なものを引用します。

遵守事項として

  1. ラウンジで提供しているお食事・お飲み物をラウンジの外に持ち出すこと、飲食物をラウンジ内に持ち込むことはご遠慮ください。
  2. ラウンジに備え付けてある物品は、ラウンジ内にてご利用ください。
  3. 身の回りの私物は、ご自身で管理をしてください。盗難、紛失等が発生しても弊社は一切の責任を負いかねます。

禁止事項として

  • 係員の業務の遂行を妨げる、またはその指示に従わない行為
  • ラウンジ内の安全、快適性を阻害するような行為
  • 食器類・未使用のコピー用紙等の備品を無断で持ち出す行為
  • 営業行為(展示、広告、宣伝、販売等)
  • 施設、備品の現状を無断で変更する、または用途以外に使用する行為
  • 指定された場所以外における携帯電話での通話
  • 指定された場所以外での喫煙行為
  • 搭乗クラス、JMB会員ステイタス、アライアンス会員別に定める利用基準等に反する行為

このようなものがあります。

ラウンジ内で提供されている飲食物を持ち出してはいけないのは、ANAも同様ですね。

まとめ

ANAでは、お弁当の持ち込みを特に制限していないとのことでしたので、レストランに行けない時は、ラウンジでお弁当やパンで済ませることができそうです。空弁、食べてみようかしら。

こちらもどうぞ!

JALのダイヤモンド・プレミアラウンジとANAのスイートラウンジはどちらがカンタンに入れる?(国内線)

2018-04-02

海外ディズニーへマイルで行こう!ANAのマイルはまだまだお得!

2019-07-26

コメントを残す