2018年1月のウサギの楽園、大久野島

2016年は37万7千人が大久野島に訪れました。これは前年の1.48倍でした。この2〜3年でとても増えています。

月別では、5月が1番多いですね。子ウサギが多く見られる季節ですし、温暖な気候でウサギと戯れるには絶好の季節です。
f:id:conofelice:20180120114003p:plain
(単位:千人。広島県統計からグラフを作成)

1月は観光客が少ない月です。寒いのが欠点ですが、多くのウサギが寄ってきてくれるメリットがあります。観光客が多い時の午後からのウサギさんたちは、ある程度お腹がいっぱいになっているので、ゆっくり昼寝をしている子たちも多いのですが、この時期は、めいっぱい駆け寄ってきてくれます。

 

ウサギの繁殖期は年中なので、1月も子うさぎたちがいました。
f:id:conofelice:20180119125830j:plain

警戒心がなくて、とても人懐っこいです。
f:id:conofelice:20180119125847j:plain

f:id:conofelice:20180119125908j:plain

顔を洗う姿がとってもキュート!ぬいぐるみみたい。
f:id:conofelice:20180119130511j:plain

寒い中でも元気に駆け寄ってきてくれます。
f:id:conofelice:20180119132718j:plain

ちょっと丸々した子です。かわいい!
f:id:conofelice:20180119142217j:plain

つぶらな瞳にキュンとなります。
f:id:conofelice:20180119142716j:plain

第2桟橋の待合所に、売店がオープンしました。2017年の12月からです。竹原観光協会の運営です。飲み物やお土産物が販売されてますので、ぜひご利用を。
f:id:conofelice:20180119144210j:plain

大久野島へのアクセスはこちらをどうぞ

ウサギの楽園の大久野島へ行こう!ルートから施設、混雑予想まで徹底解説

2017.04.28
うさぎ島 会いに行けるしあわせ動物 (NATIONAL GEOGRAPHIC)

うさぎ島 会いに行けるしあわせ動物 (NATIONAL GEOGRAPHIC)

  • 作者: 福田幸広,ナショナルジオグラフィック
  • 出版社/メーカー: 日経ナショナルジオグラフィック社
  • 発売日: 2015/11/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

 

2 件のコメント

  • 両耳引っ付いてピーンってしてる
    うさぎさんがかわゆい!
    毛がもふもふした小動物最強!

  • コメントを残す