ミスフィットは重厚なバーの雰囲気のレストラン:特典ビジネスで行くカリフォルニア・ディズニー

サンタモニカのサードストリートプロムナードは、200以上のショップやレストランが立ち並ぶ歩行者天国のショッピングエリアです。お昼をはさんでの散策だったので、食事はここで取ることにしました。

トリップアドバイザーで調べておいた中から、ミスフィット(Misfit Restaurant + Bar)にしました。口コミを見て、予約が不要で美味しそうだったからです。ミスフィットはサンタモニカ・ブールバードに面しています。サードストリートプロムナードから海岸へ少しいったところ。
f:id:conofelice:20171125194319p:plain

 

「トリップアドバイザーに候補のレストランを登録しておくと便利」という話はこちら。

ミスフィットは、サンタモニカのレストランでは第4位。

順位 店名 備考
1位 True Food Kitchen ヘルシーでベジタリアン向け
2位 Hillstone Restaurant アメリカンダイニング
3位 Fritto Misto カジュアルイタリアン
4位 ミスフィット アメリカンコンテンポラリー
5位 Urth Caffe カフェ

こうして振り返ってみると、こうすればよかったとちょっぴり後悔したことがあります。True Food Kitchenへは到着の夜に行こうと思っていたのですが、疲れもあって忘れていました。宿泊したショアホテルからは、問題なく歩いて行ける距離。ついつい、マクドナルドで我慢してしまいました。

Urth Cafe(アース・カフェ)は、サイクリングの途中で立ち寄ってコーヒーやタピオカドリンクを飲もうと思ってました。忘れてました。この記事を書きながらやっと思い出しました。

唯一覚えていたミスフィット。とても素敵なレストランでした。

白い壁に黒いテントと化粧板のコントラスト、ところどころに赤のアクセントが用いられた建物で、外にはオープンテラスがあります。
f:id:conofelice:20170730133320j:plain

 おすすめポイントその1
カフェ利用で気軽に入れるのに、世界観がある。

お昼に食べるよりも、ディナーをいただいたり、お酒をゆっくり飲んだほうが似合う内装です。こちらはカウンター席ですが、壁面には難しそーな本と高級そーなお酒がびっしりと並んでいます。客の軽装がチグハグなくらい、重厚な雰囲気です。
f:id:conofelice:20170730124437j:plain

テーブル席です。ソファーやチェアーも重厚で落ち着いた雰囲気を加えています。
f:id:conofelice:20170730124900j:plain

内部のフォーマルな硬さと外のカジュアルな軽さのギャップが、ちょっと不思議です。
f:id:conofelice:20170730124916j:plain

 おすすめポイントその2
スタッフがめっちゃイケメンだけどフレンドリー。

写真を撮っていなくてスミマセン。2階にあるトイレを借りようとして場所を尋ねようとして、言葉が出なくなるほどのイケメンのスタッフでした。女性スタッフも美人です。そしてとてもフレンドリー。

公式インスタグラムからです。

思わずカウンター席でカクテルを注文しちゃいそうですよね。

 おすすめポイントその3
料理がヘルシーで美味しい。
メニューには(ローマ字ですが)日本語が使われている料理があります。和食はヘルシーというイメージをメニューにも盛り込んでいるのだと思います。たぶん。

料理 内容 料金
Tuna Takaki daikon(大根)sprouts, edamame(枝豆), spicy ginger vinaigrette 14ドル
Ahi Burger sushi(寿司)grade tuna, avocado, sriracha mayo on toastなど 17ドル
Crispy Chicken Sandwich jidori(地鶏)chicken breast, fennel-apple slaw, spicy mayo 16ドル

ローカルマーケットから仕入れた食材の料理もあります。「サマー・コーン・サラダ」「カリフラワー・フライド・ライス」「アボカド・トースト」美味しそうです。

f:id:conofelice:20170730124450j:plain

私たちは4人ですが、量が多いと思ってクリスピー・チキン・サンドイッチとミスフィット・バーガーを1人前ずつにしました。

クリスピー・チキン・サンドイッチです。地鶏の胸肉、フェンネルとリンゴのコールスロー、スパイシーマヨネーズ。チキンは皮がサクサクしていて食感がよく、バンズのごまが香ばしい。価格は16ドル。
f:id:conofelice:20170730130343j:plain

キュウリや赤かぶ、ニンジンのピクルスもちょうどいい酢かげんです。

ミスフィット・バーガーは、グラス・ラン・ファームズ(100%牧草で育てているビーフ)のビーフ、チェダーチーズ、トマト、玉ねぎ、自家製ピクルスです。チェダーチーズがとても美味しくて、アメリカンテイストとはとても思えない、もう一度食べたくなるハンバーガーでした。価格は15ドル。
f:id:conofelice:20170730130307j:plain

4人でこれらをシェアしてちょうどいい分量でした。

食べ終わると、サービス品としてチョコチップクッキーを持ってきてくれました。塩味が甘さを引き締めるクッキーです。
f:id:conofelice:20170730132422j:plain

たくさん持ってきてくれました。

ミスフィットは、アルコールもいろいろ揃っているようです。お昼だったので飲まなかったのですが、トリップアドバイザーではアルコールも高評価です。

古き良き時代のバー(家族の評価では、まるでディズニーのようにテーマ性があるのでもう一度行きたくなる。)の世界観を持ったミスフィットでした。

 

前のお話です。

次のお話です。

一覧です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっと工夫するだけで空旅はより楽しくなります。 お問合わせはconofelice☆gmail.comまでどうぞ!(☆を@に変えてください。)