ANAに乗ってマイルを貯めて楽しい空旅!

ちょっと工夫すれば、ずいぶんと空旅は楽しくなります。海外ディズニーもすぐに手が届きます。お問合わせはconofelice☆gmail.com(☆を@に変えてください)までどうぞ!

シドニー!(ラウンジ望郷編)シドニー空港のカンタスビジネスラウンジ

前回のお話:シドニー!(パルピットロック絶景編)
 帰りのJAL772便の出発時刻は午前8時15分です。グレースホテルを遅くとも6時前には出てエアポートトレインに乗らなければなりません。グレースホテルの朝食時間は6時からだったので、この日もホテルで朝食をとることができませんでした。残念ですが、また来ることもあるさ。ホテルでの朝食が楽しめないのであれば、早めに出発して空港ラウンジでゆっくりしようと5時にホテルを出発しました。
f:id:conofelice:20161029210434p:plain
f:id:conofelice:20161029210457p:plain
 
 JALのJGC修行の旅も終盤を迎えました。*1これから先は当分の間JALに乗ることはあまりない、少なくともビジネスクラスに乗ることはほとんど無いと思うと、時間が進むのが残念です。ビジネスクラスのチェックインカウンターに立つのもこれが最後。カンタスビジネスラウンジの入室チケットと優先レーンチケットをもらいます。
f:id:conofelice:20161029210732p:plain
 
 シドニー空港は白を基調に黒をアクセントとしたモダンな建築です。JALはシドニー空港の第1ターミナルを使用しています。8〜10番ゲートへ行く通路の近くにカンタスビジネスラウンジ(ファーストクラスラウンジも同じ)へのエスカレーターがあります。
f:id:conofelice:20161029221155p:plain
f:id:conofelice:20161029221354p:plain
f:id:conofelice:20161029221403p:plain
f:id:conofelice:20161029221913p:plain
(シドニー空港のサイトの画像を加工しました。)
 
 カンタスビジネスラウンジに入ってすぐの待合スペース(?)です。どこかで見たことがあるような。あっ、ちなみにミッキーシェイプ!♡ではありません。
f:id:conofelice:20161029232103p:plain
 
 ラウンジ入室券と航空券を見せて受付をします。
f:id:conofelice:20161029232207p:plain
 
 アースカラーを基調にした家具と白い壁と天井のコントラストがステキですね。
f:id:conofelice:20161029233009p:plain
 
 飲み物のカウンターです。白いぼんぼりのライトをどこかで見たことがあります。
f:id:conofelice:20161029233113p:plain
f:id:conofelice:20161029233124p:plain
f:id:conofelice:20161029233138p:plain
 
 そうです。3日前にシドニーに向けて飛び立つ前に訪れた成田空港のカンタスビジネスラウンジでみた、ぼんぼりです。成田では夕方、シドニーでは早朝なので色調に相違がありますが、同じ白いぼんぼりです。
f:id:conofelice:20161029235445p:plain
(成田空港カンタスビジネスラウンジ)
 
 オージーの立場になって考えると、シドニーを出発するときのラウンジの灯りと、異国である日本の成田のラウンジの灯りが同じということですよね。異国の空港で自国への飛行機を待つ時に、自国の灯りがともるラウンジでくつろぐことができるのはとてもステキな配慮だと思います。オーストラリアにとっては異邦人の私でさえ、なぜか懐かしさを覚えますから。
 
 JALやANAは海外の自社ラウンジはどうなんでしょうか。ちょっと調べてみました。

JAL 種類
ホノルル国際空港 サクララウンジ
サンフランシスコ国際空港 サクララウンジ
フランクフルト空港 JALファーストクラスラウンジ・サクララウンジ
スワンナプーム国際空港 サクララウンジ
上海浦東国際空港 サクララウンジ
ニノイ・アキノ国際空港 サクララウンジ
Wikipediaより

 
 ANAは海外には自社ラウンジはなさそうですね。(無いことを証明するのはいつも難しい。)
 
 JALの海外ラウンジは行ったことがありません。海外のラウンジのテイストが日本と同じなのかどうか実際に体験したくなりました。(さっきまで、もうJALに乗ることはなさそうなんて言っていたのにね。)海外ラウンジが全部体験できるといいですね。だれか図鑑を作って下さい。
 
 さて、カンタスビジネスラウンジでの食事は、朝食には十分です。くだもの、シリアル、野菜サラダ、パン、ソーセージ、ナゲット、豆スープ等など。
f:id:conofelice:20161030001705p:plain
f:id:conofelice:20161030001712j:plain
f:id:conofelice:20161030001727p:plain
 
 昨日の現地ツアーで知り合いになった人とお話しながら出発までの時間を過ごします。その方は、年に1回ビジネスクラスでの旅行を楽しむんだそうです。今回はオーストラリア旅行で、エアーズロックにも行ったとのこと。1回の旅行の予算は100万円。もちろんビジネスクラス旅。羨ましいですね。私はビジネスクラスとはいえマイルのアップグレードで弾丸の修行旅。
 
f:id:conofelice:20161030004815p:plain
f:id:conofelice:20161030004819p:plain
 
 ラウンジで過ごすこと40分。そろそろ搭乗の時間が近づいてきました。

こちらもどうぞ

前回のお話:シドニー!(パルピットロック絶景編)

conofelice.hatenablog.com

次回のお話:シドニー!(サファイア到達編)

conofelice.hatenablog.com

シドニー!の記事一覧

conofelice.hatenablog.com

*1:ここでの修行というのは航空会社の上級会員を目指すことです。ANAのSFC修行やJALのJGC修行があります。

クリックをありがとうございます

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ “マイレージ

読者登録もどうぞ

follow us in feedly

サングラス着用

スタディサプリ ENGLISH

産経オンライン英会話

ハワイオプショナルツアー