読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAに乗ってマイルを貯めて楽しい空旅!

ちょっと工夫すれば、ずいぶんと空旅は楽しくなります。海外ディズニーもすぐに手が届きます。お問合わせはconofelice☆gmail.com(☆を@に変えてください)までどうぞ!

シドニー!(リンカーンズロック眺望編)世界遺産を巡るIECブルーマウンテンズ【山】エコツアーでのリンカーンズロック

前回のお話:シドニー!(グレースホテル安堵編)

IECブルーマウンテンズ【山】エコツアー

13時間半のオプショナルツアー

 シドニーでの2日目は「IECブルーマウンテンズ【山】エコツアー」に申し込んでみました。この現地オプショナルツアーは、集合時間朝6時半、解散が夜8時で、時間にして13時間30分の長時間ツアーです。走行距離は約400kmで、直線距離だと東京から神戸あたりまでですね。
 このツアーは超絶オススメです。私が申込んだときの料金はAUD 195.00、日本円で15,476円。一応、昼食も付いています。この日は12人だったのですが多くても20人程度で、マイクロバスで行きます。なので、個人では行けなくて大型バスも入れないちょっと珍しい場所に行けるんだとのこと。なので、JALやANAの修行でシドニーを訪れる人には特にお勧めです。*1
f:id:conofelice:20161025132844p:plain

ショーン・Kといくツアー

 運転手兼ガイドを務めるのはショーン・小鷹さん。イニシャルで言えばひところ世間で騒がれたショーン・Kさんですね。小鷹さんは「騒ぎが収まって欲しい。。。」とおっしゃってましたが、このブログを書いている時にはニュースにならなくなりました。ちなみにショーン・小鷹さんは生粋の日本人です。
 
 このショーン・小鷹さん。しゃべる、しゃべる、喋り続ける。運転は大丈夫かと思うほどですが、シドニーオリンピックの時に、(当時は大学生だったらしい)公式の運転手で日本人としてはただ一人選ばれたんだそうです。だから運転技術は安心してほしいとのこと。
f:id:conofelice:20161022153748p:plain
 
 このショーンさんと一緒に、13時間半に及ぶツアーはざっとこんな感じです。シドニー市街地からジェノランケーブまでおよそ200kmの道のりがあります。
f:id:conofelice:20161022200505p:plain
 Googleで地図を作ってみました。
drive.google.com

リンカーンズロック展望台

名前の由来

グレースホテルに朝6時40分にお迎えがきます。他のホテルでお客さんをピックアップして、途中で休憩を入れながら走り続けて2時間半、到着したのはリンカーンズロック展望台(Lincoln's Rock Lookout)です。
f:id:conofelice:20161022154832p:plain
f:id:conofelice:20161022133743p:plain
 
 ここは以前はフラットロック(Flat Rock)と呼ばれていましたが、エベレストから奇跡的に生還したオーストラリアの登山家、リンカーン・ホール(Lincoln Hall)を讃えるためにその名前をつけたんだそうです。なんでもリンカーン・ホールさんは、エベレスト登頂時に気を失ってしまい、同僚が彼は死んでしまったと思い込み、装備を持っていかれ置き去りにされたけど、他の登山チームが気づいて救出したんだそうです。
 ブルーマウンテンズ国立公園は100万ヘクタールに及ぶエリアで、世界遺産に登録されています。ユーカリが発するオイルで遠くが青みがかって見えるために「ブルーマウンテンズ」と呼ばれるのだそうです。このツアーでは、ブルーマウンテンズを6つのポイントから楽しみます。(私が参加したときは、ストロマトライト見学が残念ながらできませんでしたが。)
f:id:conofelice:20161022160053p:plain
 
 この日は天気もよく向こうの丘陵が青く見えます。
f:id:conofelice:20161022201439p:plain
 
 このリンカーンズロック展望台は一枚の岩でできています。写真の中央、岩の右端に何気なく腰掛けている男性がいらっしゃいます。
f:id:conofelice:20161022201915p:plain
 
 でも、ここの岩は薄くなっていてポキっと折れそうなんです。もしも折れたら谷底に真っ逆さま。
f:id:conofelice:20161022202356p:plain
 
 岩の厚みは、50cmくらいでしょうか?ショーンさんに「座って写真を取りませんか?」と勧められましたが、遠慮しておきました。だって、本当に折れそうなんだもん。
f:id:conofelice:20161022204901p:plain

山火事とユーカリ

 オーストラリアは山火事がとても多いんだそうです。このツアーで走る道路のそばには、現在の山火事の発生危険度を知らせる看板がいくつも設置されていました。それほど、山火事はひんぱんに起きているんですね。(この日は一番低い危険度でした。)
f:id:conofelice:20161022211520j:plain
(Northern Territory Fire and Rescue Serviceのサイトからお借りしました。)

 山火事は高温と乾燥の気候によるもので、オーストラリアの樹木の4分の3を占めるユーカリのオイルもその一因だそうです。ユーカリには山火事を成長に利用する仕組みがあって、ユーカリのつぼみは葉がつくる成分によって成長が抑えられているけど、葉が焼けてしまうことでその成分が無くなりつぼみが発芽します。まるで山火事が通り過ぎるまでひっそりと身をひそめてやり過ごし、もう大丈夫だとわかってから外に顔を出す小動物たちのように。幹の皮は焼けやすくなっていて、すぐ焼け落ちるために幹にはダメージを与えにくくなっています。なんともたくましいユーカリですね。
 
 ユーカリには600種類もあってそのうちコアラが食べるのは40種類程度。今回の旅ではナマのコアラに会うことはありませんでしたが、いつかこのたくましいユーカリしか食べないというコアラ(彼らはきっとたくましいんだと思う)に会ってみたいものです。
 
 火事で焼けたバンクシアです。バンクシアも山火事の熱を使って発芽する、山火事待ち植物の代表格です。と、ショーンさんにあとで教えていただきました。
f:id:conofelice:20161022203659p:plain
f:id:conofelice:20161022203708p:plain
 
 リンカーンズロック展望台からおっかなびっくりで楽しむブルーマウンテンズでした。時刻は9時30分。移動のためにマイクロバスに乗り込みます。
f:id:conofelice:20161022204601p:plain

こちらもどうぞ

前回のお話:シドニー!(グレースホテル安堵編)

conofelice.hatenablog.com

次回のお話:シドニー!(エコーポイント伝説編)

conofelice.hatenablog.com

シドニー!の記事一覧

conofelice.hatenablog.com

IECのサイト

 私はVeltraを通じて申し込みましたが、直接申し込みもできるようです。
www.iec-oceania.com.au

*1:ここでの修行というのは航空会社の上級会員を目指すことです。ANAのSFC修行やJALのJGC修行があります。

クリックをありがとうございます

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ “マイレージ

読者登録もどうぞ

follow us in feedly

スタディサプリ ENGLISH サングラス着用