ANAに乗ってマイルを貯めて楽しい空旅!

ちょっと工夫すれば、ずいぶんと空旅は楽しくなります。海外ディズニーもすぐに手が届きます。Have a Happy Flight! お問合わせはconofelice☆gmail.com(☆を@に変えてください)までどうぞ!

シドニー!(グレースホテル安堵編)シドニーのおすすめホテル、グレースホテル

前回のお話:シドニー!(Twitterほうけんノート編)

JGC修行のホテル選び

コストと快適さの二律背反

 シドニーへはJALのJGC修行としてきています。*1JALの上級会員になるために飛行機に乗るので、FOPと呼ばれるポイントを貯めることが目的であって、どこに行くかやどこに泊まるかは二の次なんですね。何しろ興味関心が飛行機とラウンジにしか向かないので、ホテル選びもけっこう悩みます。自分だけの宿泊なので贅沢はしたくないし、かと言って安いだけで選ぶと衛生面や治安に不安がありそう。

シンガポールの失敗

 シンガポールを訪れたときのホテルでは、7千円を切る値段で、安すぎたのか部屋には虫がうろうろしていて、シャワーのお湯も出にくくて、部屋の電灯を消すとコンセントもすべてシャットダウンのために朝に気がついたら充電ができていない。。。今回は、ちょっとだけグレードを上げて部屋を探したところ、HIS経由のグレースホテル シドニー(The Grace Hotel Sydney)が良さそうだったので、こちらにしました。
f:id:conofelice:20161002223853p:plain

HISの口コミはホント?

 口コミでの評価もけっこう高いのですが、アテになるかどうかは泊まってみないとわからないというのがシンガポールでの教訓です。スーペリアダブルのお部屋が2泊で2万8千580円、1泊あたり1万4千290円です。*2
f:id:conofelice:20161002224129p:plain
 
 シドニー空港に6時過ぎに着陸して、エアポートトレインでこのグレースホテルに着いたのが8時でした。「THE GRACE」の名板がステキです。砂岩で作られたこのネオゴシック調の建物は1920年代にグレース兄弟によって建てられ、ホテルとして改修したんだそうです。格調高い建物を見たときも、まだまだ半信半疑でした。だって、1泊1万5千円程度ですから過度な期待は禁物です。
f:id:conofelice:20160920203749p:plain
f:id:conofelice:20161012201347p:plain
 
 エントランスからロビーにかけてはアールデコ風のインテリアで構成されています。趣味が良いですね。
f:id:conofelice:20161012203927p:plain
f:id:conofelice:20161012204054p:plain
f:id:conofelice:20161012210811j:plain

スタッフが素晴らしい?

 フロントのスタッフは、とてもフレンドリーで丁寧です。チェックイン時も明るく陽気に話をしながら手続きを進めてくれます。オーストラリアは親切な人が多いんでしょうか。空港のインフォメーションのおばさま達も親切だったし、このあとにお世話になったコンシェルジュも親切。ディズニーのミュージカル「アラジン」のチケットをお願いしたのですが、色々と安く手に入る方法を調べならが対応してくれました。仕組みがわからなくて変な質問をしても、それが東洋から来た変なヤツであっても、とりあえず受けとめる寛容さが見て取れます。
 
 まだ朝の8時なので部屋の用意は当然できていません。チェックインタイムは午後3時です。フロントスタッフによると、お昼頃には準備できるとのことでした。

f:id:conofelice:20161012221718p:plain:w50
conoさま
お部屋のご用意ができましたことをお知らせいたします。
ザ・グレースホテル・シドニー

 このメールが届いたのが10時52分!予想していた時間よりも2時間も早く、本来の時間よりも4時間も早く準備してくれました。このメールを受け取った後に、コンパクトデジタルカメラのバッテリー切れになってしまいます。予備のバッテリーに入れ替えると、なんとそれも充電できていません。ホテル以外にバッテリーを充電できそうな場所もなさそうでしたし、自分自身も疲れて「充電切れ」になっていたので、いったんホテルに帰ることにしました。
 
 口コミの「スタッフが素晴らしい(293件)」は本当でした。フレンドリーで丁寧なのに加えて、アーリーチェックインのサービスはとてもありがたかったです。

ロケーションが素晴らしい?

 さて、グレースホテルの場所はシドニーの中心部(HISではシドニー・セントラル・ビジネス・ディスクリスト:Sydney central business district、Wikipediaの日本語版では「シドニー中心業務地区」となってます。なんだか中国語みたい。中国語だったら悉尼中心業務地区なんでしょうか?)にあります。地図で確認しましょう。
 
 このオレンジ色でざっくりと分けた3つの区画がシドニーの中心部になります。この3つの区画の端から端まで歩いても30〜40分程度です。「シドニーはお散歩の街」と私が勝手に言っているゆえんですね。でもね。車でピュッと走りすぎてしまうには、街並みがとても素敵なんです。私だけじゃなくきっと多くの人が主張しているはずだと勝手に思っています。Google先生に尋ねると、35,600人(件)の人が賛成してくれています。
 
 グレースホテルはシドニーの中心に位置しています。グレースホテルから北側(海岸側)のサーキュラーキーまでは歩いて15〜20分、南側のチャイナタウン辺りまでも同じく歩いて15〜20分です。
f:id:conofelice:20160928193917p:plain
 
 口コミの「ロケーションが素晴らしい(551件)」も本当です。中心にあるのでとても便利です。強いて難を言えば、セントジェームズ駅からは少し距離(歩いて8分)があります。もっとも、ウィンヤード(Wynyard)駅までは歩いて4分で近いです。ただ、セントジェームズ駅のほうがシドニー空港に近いので、(Googleマップの指示によって)空港との往復はこちらの駅を利用したので、ちょっと歩いたという気持ちはあります。
 

とても清潔できれい?

 アールデコ調の幾何学模様の石張りの床の廊下を通ってエレベーターホールへ向かいます。
f:id:conofelice:20161013211721p:plain
 
 エレベーター内の操作パネルは、古式に見えながら透過式のボタンで点字も施されています。
f:id:conofelice:20161013211952p:plain
 
 幾何学模様の床にシンプルな壁、掛けられた絵画は幾何学デザインです。部屋のドアを開けると。。。
f:id:conofelice:20161013212303p:plain
f:id:conofelice:20161013212420p:plain
f:id:conofelice:20161013212519p:plain
f:id:conofelice:20161013212536p:plain
f:id:conofelice:20161013212547p:plain
f:id:conofelice:20161013212558p:plain
 
 口コミの「とても清潔できれい(218件)」は本当でした。

その他の施設

グレースブラッスリー(ダイニング)

 2日間とも出発時間が早かったので、グレースホテルで朝食を食べることができませんでした。グレースブラッスリーは2階にあります。朝食は朝6時30分からです。ランチタイムのビュッフェもあります。
f:id:conofelice:20120124114927j:plain
(写真はグレースホテルのサイトからお借りしました。)

プール

 プールがあるなんて予約時に気が付きませんでした。気がついていれば、プール厨の私は水着を持参したのですが。残念!
f:id:conofelice:20100510142308j:plain
(写真はグレースホテルのサイトからお借りしました。)

ピアノラウンジ

 これも曜日が合わなくて利用できていないのですが、利用したかったアクティビティです。
 金曜日と土曜日の午後5時から10時まで、ロビーでピアノの演奏があります。予約は不要です。7時まではハッピーアワーなので「Duval-Leroy Champagne NV Brut」が1杯$12だそうです。
f:id:conofelice:20161013220456j:plain
f:id:conofelice:20161013220508p:plain

1階の軽食レストラン

 1階には3つの軽食レストランがあります。アイリッシュパブの「P.J.O'Brien's Irish Pub」、イタリアンの「Vapiano」と中華(名前を忘れました)です。
 
 2日目の夜、オプションツアーで知り合った人たちとの食事を済ませたあとにシドニー最後のひとときをビールで楽しむために、Vapianoに入りました。シドニーへの後ろ髪を惹かれる思いを和らげるには、アルコールの助けがなくては難しい。こんなふうに書くとかっこよさそうに思えますが、メニューには銘柄がダーッと並んでいて、どれがなんだかわからなかったので「右から3番目のヤツ」というテキトーな注文すると、出てきたのはメキシコのビールでした。ちなみに、ここはクイック・サービスといえばいいのでしょうか。カウンターで注文して飲食が終わったあとに伝票を持ってレジで精算します。
f:id:conofelice:20161013222755p:plain
 
 それでも、ライムを付けてくれていて美味しかったのでおかわりをして、ワインも飲みふけるうちに、シドニーの夜も更けていくのでした。
f:id:conofelice:20161013223119p:plain

こちらもどうぞ

前回のお話:シドニー!(Twitterぼうけんノート編)

conofelice.hatenablog.com

次回のお話:シドニー(リンカーンズロック眺望編)

conofelice.hatenablog.com

シドニー!の記事一覧

conofelice.hatenablog.com

*1:ここでの修行というのは航空会社の上級会員を目指すことです。ANAのSFC修行やJALのJGC修行があります。

*2:私が宿泊したのは2016年8月末でした。この時期は安かったのでしょうか?2016年11月の宿泊料金は1泊2万2千円程度です。

クリックをありがとうございます

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ “マイレージ

読者登録もどうぞ

follow us in feedly

サングラス着用

スタディサプリ ENGLISH

産経オンライン英会話