ANAに乗ってマイルを貯めて楽しい空旅!

ちょっと工夫すれば、ずいぶんと空旅は楽しくなります。海外ディズニーもすぐに手が届きます。お問合わせはconofelice☆gmail.com(☆を@に変えてください)までどうぞ!

カリフォルニアのディズニーランドのフォトパスについて(フロリダのWDWのメモリーメーカーとの違いについても)

フォトパスプラス(PhotoPass+)とは

 ディズニーランドにはPhotoPassカメラキャストがいて、パーク内外の色んな場所で写真を撮ってくれます。これをダウンロードしたりプリントしたりディスクに焼いたりできるのが、フォトパス(PhotoPass)です。

 カリフォルニアのディズニーランドのフォトパスプラスはフロリダのウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)とは仕組みが異なります。違いも含めて調べました。

f:id:conofelice:20170604152253p:plain


 WDWのフォトパスとそのダウンロードサービスのメモリーメーカーについてはこちらを参照してください。

フォトパスプラスの種類

 カリフォルニアのフォトパスには4つの種類と1つのサービスがあります。公式サイトの購入場所はちょっとわかりにくくて「PhotoPass」ページの右上に「Additional Products」がありますのでそれをクリックします。
f:id:conofelice:20170604164656p:plain

 もっとも、事前に購入する必要はありません。フォトパスカードのIDを入力してから購入手続きに進めますので、それで充分です。フォトパスカードのID入力はわかりやすい場所にあります。

フォトパスプラス・ワン・デイ(PhotoPass+ One Day)

・撮影日が1日のフォトパスです。パークで撮影して貰った写真が2日以上の場合は、フォトパスプラスワンウィークが安くなります。
・オンラインダウンロード用です。
・$39+税です。
f:id:conofelice:20170604154256p:plain

フォトパスプラス・ワン・ウィーク(PhotoPass+ One Week)

・1週間の撮影期間のフォトパスです。2日以上の滞在で1週間以内でしたらはこちらがお得です。
・オンラインダウンロード用です。
・$79+税です。
f:id:conofelice:20170604154307p:plain

フォトパスプラス・コレクション

・現地で購入するタイプのフォトパスプラスです。
・350点のプロの写真は入った「ギャラリーディスク」が付いています。
・キャラクターダイニングで撮った写真をプリントアウトしてもらえるバウチャーが付いています。
・$99+税です。

フォトパスプラス・コレクション+DVD

・現地で購入するタイプのフォトパスプラスです。
・350点のプロの写真は入った「ギャラリーディスク」が付いています。
・キャラクターダイニングで撮った写真をプリントアウトしてもらえるバウチャーが付いています。
・自分たちで撮った写真をDVDに入れてもらえます。
・$119+税です。

期間延長

 ダウンロード期間を45日から60日に延長するオプションです。通常のファストパスプラスのダウンロード可能期間は撮影日から45日間です。このオプションはその期間を60日間に延長します。通常は1日でダウンロードが終わりますので、購入する必要はありません。
f:id:conofelice:20170604154452p:plain

フォトパスプラスの写真の内容

 フォトパスプラスの写真の内容は次のとおりです。4つのオプション(ワン・ディ、ワン・ウィーク、コレクション、コレクション+DVD)は、全て以下の写真がダウンロードできます。

名称 内容
ディズニーフォトパスフォト パーク内外でキャストに撮ってもらった写真
アトラクションフォト&ビデオ アトラクションで撮影される写真
ダイニング・フォト レストランでの写真
マジックショット ポーズをとってキャラクター等が搭乗する写真

アトラクションフォト&ビデオ

 アトラクションフォト&ビデオが設置されているのは次のアトラクションです。ちゃんと「いい顔」して写りたいですね!

ディズニーランド・パーク
  • スペースマウンテン
  • スプラッシュ・マウンテン
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー
  • カリフォルニア・スクリーミン
  • ラジエーター・スプリングス・レーサー
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー・ミッション:ブレイクアウト!

ダイニング・フォト

 フォトキャストがいるキャラクターダイニングのレストランは次のとおりです。(食事の時間帯によってキャラクターダイニングかどうか異なりますので、事前に確認が必要です。)

  • アリエルのグロット(カリフォルニア・アドベンチャー・パーク)
  • ディズニーPCHグリル(パラダイス・ピア・ホテル)
  • グーフィーのキッチン(ディズニーランドホテル)
  • ミニーのブレックファースト:プラザ・イン(ディズニーランド)

 ストーリーテラー・レストランはフォトキャストはいないようですね。

フォトパスプラスの使い方

 最初に写真を撮ってもらった時に、フォトキャストからフォトパスカードを貰います。
 次回からは、フォトパスカードをキャストにスキャンしてもらいます。

 アトラクションの場合は、出口付近のモニターに8桁の「アトラクションID」が表示されているので(スマホで写真を撮るなど)記録しておき、公式アプリか公式サイトから自分のアカウントにリンクさせます。

フロリダとの違い

 フロリダのフォトパスとメモリーメーカーについてはこちらです。

 メモリーメーカーとの違いについて

  • メモリーメーカーの事前購入割り引きのようなディスカウントがない
  • マジックバンドがないので、フォトパスカードを使用する
  • アトラクションは、アトラクションIDを記録しておく(マジックバンドでスキャンできない)

まとめ

 こうしてみると、やはりフロリダのマジックバンドは便利ですね。アトラクションIDはやはりスマホで撮影ですね。

 いずれにしても、ダウンロード数には制限がないので、バンバン写真を撮ってもらおうと思っています。



人気記事もどうぞ!




クリックをありがとうございます

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ “マイレージ

読者登録もどうぞ

follow us in feedly

サングラス着用

スタディサプリ ENGLISH

産経オンライン英会話