読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAに乗ってマイルを貯めて楽しい空旅!

ちょっと工夫すれば、ずいぶんと空旅は楽しくなります。海外ディズニーもすぐに手が届きます。お問合わせはconofelice☆gmail.com(☆を@に変えてください)までどうぞ!

羽田空港第1ターミナルのお勧めお土産:ボンボン・フロマージュ

 地方民の私は羽田空港でお土産を買って帰ることが多いのですが、先日のお土産が評判が良かったのでレポートします。ご存じの方も多いと思いますが、資生堂パーラーの「ボンボン・フロマージュ」。
 
 資生堂パーラーの販売店は羽田空港の中に数ヶ所あります。ボンボン・フロマージュを扱っているのは第1ターミナルのEゲート前の「東京食賓館」の資生堂パーラーです。
f:id:conofelice:20170510174827j:plain
f:id:conofelice:20170513125400p:plain


 こちらで資生堂パーラーの取扱商品と店舗が検索できます。
羽田空港セレクション/商品一覧ページ
 
 シャレたパッケージのお菓子が色々と並んでいます。
f:id:conofelice:20170510175046j:plain
 
 「東京限定」の言葉に弱い、田舎者のワタシ。
f:id:conofelice:20170510175031j:plain
 
 試食させていただくと、その美味しいこと。ナチュールとショコラを買って帰りました。
f:id:conofelice:20170511102523j:plain
 
 まるでキャンディの包みのような紙に一口サイズのチーズケーキが入っています。
f:id:conofelice:20170511103035j:plain
 
 こちらはナチュール。甘さの中にちょっとした酸っぱさがアクセントになっていて、美味しいチーズケーキをギュッと圧縮したような濃厚さがあります。ちょっぴりゲランドの塩が入っているそうで、甘さを引き締めてます。ゲランドの塩はフランスのブルターニュ地方で伝統的手法で生産される塩だそうです。
f:id:conofelice:20170511103537j:plain
 
 こちらはショコラ。ベルギー産のクーベルチュール・チョコレートが入っているそうで、それがチーズのまったりとした味とマッチしてます。
f:id:conofelice:20170511103330j:plain
 
 他にはフレーズといういちごピューレをそのまま混ぜ込んだテイストもあります。次回は試してみたいなぁ。
 
 上下にタルト生地があるので、包みを開けてそのまま手でつまんでも大丈夫!職場でも簡単に食べられますね。1個あたりの価格は173円(厳密には160円+税)です。包み紙ではありますが個包装になっているし、家庭や職場へのおみやげとして最適です。
 
 我が家でも「一人1個じゃ足りない!」ってことで、次回も買ってくることになりそうです。同じ種類入りの袋とアソートがあります。

数量 金額(税込)
5個入り 864円
10個入り 1728円
15個入り 2592円

要冷蔵で賞味期限は5日間です。保冷剤を付けてくれます。
 
 ボンボンという言葉を聞いて思い浮かべるのはウィスキーボンボン。元々砂糖でくるんだお菓子をボンボンと呼んでいたけれど、チョコレートも使われるようになったとか。このボンボン・フロマージュはタルトがその役割なんでしょうか。


 羽田空港サーバーさんご紹介の鎌倉五郎のモンブラン小波。これも美味しいです。
www.haneda-airport-server.com

人気記事もどうぞ!




クリックをありがとうございます

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ “マイレージ

読者登録もどうぞ

follow us in feedly

スタディサプリ ENGLISH サングラス着用