読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAに乗ってマイルを貯めて楽しい空旅!

ちょっと工夫すれば、ずいぶんと空旅は楽しくなります。海外ディズニーもすぐに手が届きます。お問合わせはconofelice☆gmail.com(☆を@に変えてください)までどうぞ!

【これで迷わない】WDW各パークのランドマーク

中心になる目印を探す

 実は、わたくし結構な方向オンチです。来た方向と反対に行くこともしばしばです。間違えて反対方向の電車にのることもよくあります。そんな私が東京ディズニーランドで迷わないようにするために教えてもらったのが、シンデレラ城を目印にすることでした。中心になる目印を覚えておけば、それを頼りに方角を考えればいいわけですね。
 
 では、ウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)では、どれを目印にすればいいのでしょうか。

マジックキングダム

 マジックキングダムでは、やはりシンデレラ城です。ちなみにシンデレラ城のなかには、とても人気のキャラクターダイニングの「シンデレラのロイヤルテーブル」(Cinderella's Royal Table)があります。
f:id:conofelice:20170112142337p:plain
 
 場所はこちら。
f:id:conofelice:20170112142404p:plain
(地図は公式サイトの画面キャプチャーです。以下の地図も同様です。)

アニマルキングダム

 アニマルキングダムのランドマークはツリー・オブ・ライフでしょう。
f:id:conofelice:20170112142942p:plain
 
 ツリー・オブ・ライフには、表面に動物たちの浮彫が施されています。
f:id:conofelice:20170112143025p:plain
 
 場所はこちら
f:id:conofelice:20170112143050p:plain

エプコット

 エプコットにはフューチャー・ワールドとワールド・ショーケースの2つのエリアがあるので、分けて考えます。

フューチャーワールド

 スペースシップ・アースは意外と入り口よりなんですよね。なので、あえて「噴水」にしました。この写真ではスペースシップ・アースを重なっているのでわかりにくいですが、手前の水が出ている噴水です。
f:id:conofelice:20170112143350p:plain
 
 地図で見るとスペースシップ・アースが入口側に寄っていることがわかります。最初はスペースシップ・アースを中心に動こうとしていたのですが、どうもうまく行かなくて、噴水を中心にすると位置関係がわかるようになりました。
f:id:conofelice:20170112143551p:plain

ワールド・ショーケース

 これは…なんというか…湖です!ちなみにワールド・ショーケース・ラグーンと呼ばれています。
f:id:conofelice:20170112143829p:plain
 
 地図で見ても湖です。
f:id:conofelice:20170112143931p:plain

ハリウッド・スタジオ

 エコー・レイクのボートかグレート・ムービー・ライドのどちらかに分かれるところですが、私としてはエコー・レイクのボートを推したいです。
 
 エコーレイクのボート(すみません。正式名を知りません。)はエコーレイクの端にあって、Min and Bill's Dockside Dinerというクイックサービスのお店があります。WDWの公式サイトで調べる時は、このお店を目印にして下さい。
f:id:conofelice:20170112144000p:plain
f:id:conofelice:20170112144342p:plain
 
 グレート・ムービー・ライドは、ロサンゼルスのチャイニーズ・シアターを模して建てられています。
f:id:conofelice:20170112144432p:plain
 
 建物としては、グレート・ムービー・ライドのほうが目立つのですが、中心に据えるとなると、ちょっと端に寄っています。でも、覚えておいて損はない、頼りになる建物です。
f:id:conofelice:20170112145039p:plain

ブリザード・ビーチ

 サミット・プラネットというディズニー最恐のウォーター・スライダーがあります。ブリザード・ビーチはもともとスキー場だったのが雪が溶けちゃってビーチになったという設定です。サミット・プラネットは、スキーのジャンプ台から滑り降りる設定になっています。その頂上に小屋がありますが、これがランドマークです。私は滑り降りたことがありません。。。近くのチームボート・スプリング(Teamboat Springs)やスラッシュ・ガッシャー(Slush Gusher)には乗りましたが、100km近いスピードを生身で落ちていくサミット・プラネットに乗る勇気はありませんでした。(背中がすりむけるという伝説?もあるようです。)
f:id:conofelice:20170112145936p:plain
 
 地図で見るとこちらです。
f:id:conofelice:20170112150551p:plain

タイフーン・ラグーン

 タイフーン・ラグーンにはとても有名なシンボルがあります。タイフーン・ラグーンは南の島に大型台風が来て水浸しになってしまったという設定なので、山の上に難破船が乗っかっています。
f:id:conofelice:20170112151855p:plain
 
 でもこの船はパークの端っこに位置していますので、中心は(広すぎて当たり前なのですが)サーフ・プールでしょう。
f:id:conofelice:20170112151952p:plain
 
 地図ではこんな位置関係になります。(地図の左端に船がありますね。)
f:id:conofelice:20170112152012p:plain

まず地図を貰おう

 さて、中心になる目印を見てきましたが、私はパークで貰える地図を頼りに歩きます。スマートフォンのアプリも便利なのですが、地図を元に自分で考えないとなかなか土地勘が付かなくて、方向オンチが治らないようなきがするんです。ウォーターパークでは紙の地図では濡れてしまうので持ち歩きにくいのが玉にキズですが、それでも、キャストにお願いして貰います。
 
 そして、中心になる目印を確認して、いま自分がどこにいるのか、どの方向に向かえばいいのかを考えるようにしています。いつか方向オンチが治りますように。
ディズニー公認ギャラリー エドム



こちらもどうぞ

 ウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)への必須の準備をまとめました。





クリックをありがとうございます

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ “マイレージ

読者登録もどうぞ

follow us in feedly

スタディサプリ ENGLISH 産経オンライン英会話